ステッカー

ボタン-ステッカーカット_01の画像

ステッカー関連のこと

目次▼open

ボタン

普通のボタンのままじゃつまらないので、いろいろと足りない部品を注文した後の暇な時に、ACっぽくステッカーを貼りつけてみました。
ボタン-ステッカー_01の画像

ステッカーイメージ

ステッカーイメージは、AC筐体のボタンを写メってきて、それっぽく作りました。
画像加工技術とかないので完全再現は無理ですが、なかなかいい感じに出来たかなと思ってます。

ボタン_ステッカーイメージ_01の画像

LRの文字は今回入れてませんが、いれるとしたらこんな感じ?
ボタン_ステッカーイメージ_02の画像

どうぞ参考にしてください。
ステッカーのサイズは100φボタンが75ミリ、60φが48.2ミリとしています。

pda_button_sticker_rev3.zip

ステッカー印刷

そして作製したイメージを印刷します。
ボタン-ステッカー印刷_01の画像

ボタンの下地が白いので、今回使ったのはA-ONEの透明フィルムラベル。
(これじゃ色が薄く感じるかも?)

印刷面の向きを間違えたり、他のA4用紙と一緒に印刷したりしないようにしましょう。
インクが無駄になったり、普通紙とくっついて印刷されて、半分フィルム・半分普通紙の状態になったりします(失敗談)

ステッカーカット

印刷したらカットです。
ボタン-ステッカーカット_01の画像

普通にハサミでカットしました。30分くらいかけてゆっくりと。
少しくらい歪になっても、周りはそんなに気にならないので大丈夫です。

ボタンの分解

貼り付ける前にボタンの分解です。
ボタン-分解_01の画像

結構大変で、失敗したらボタンが割れてしまうかもしれません。慎重に。
キャップの隙間にマイナスドライバー等を入れて、ぐいぐいゆっくり外します。

隙間にシリコンスプレーなどを少し吹きかけると、外れやすくなると思います。
なければ556でもいけるかと思います。
分解したら綺麗に拭きましょう。

貼りつけ

さて貼りつけです。 ステッカーを下にして、上からプレートを位置を調節しながら貼りつけます。

このとき、ステッカーの方向と、プレートの溝の位置を画像のようにあわせましょう。
適当に方向無視して貼ると、固定したとき向きがバラバラになります。
ボタン-ステッカー貼りつけ_01の画像ボタン-ステッカー貼りつけ_02の画像

こんな感じにテープを貼ると剥がしやすいです。
ボタン-ステッカー貼りつけ_03の画像ボタン-ステッカー貼りつけ_04の画像

一応全部水貼りしましたが、粘着力つよいので位置調整は難しいです。
ただ、気泡は普通に貼るより除去しやすかったです。
水貼りのときはステッカーが白く濁りますが、数時間放置して乾かせば戻ります。
ボタン-ステッカー貼りつけ_05の画像

結構綺麗に貼れました。
ボタン-ステッカー貼りつけ_06の画像

少しくらい気泡とか残っても、キャップかぶせちゃえば気にならないかも?
というかある程度は妥協しないとキリがない…

最初は図面を参考に80・50ミリで作ってましたが、ボタンを分解していざ貼ろうとしたら大きいことが判明。
ボタン-ステッカー-その他_01の画像

貼る前に気づいたのでステッカー用のフィルムを一枚無駄にしました…高いのに!
カットも余計にしてしまいました。

コメントを残す(仮)

△ページ上部へ